―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

松山 浮気調査プログラマなら知っておくべきの

トップページ > 費用を節約して浮気調査をするには、できる範

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

費用を節約して浮気調査をするには、できる範

費用を節約して浮気調査をするには、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。

難しい調査ではありません。
ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけでいいのです。
毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。



実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。
無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。


事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。実際には浮気していたとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬としての料金を請求されます。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 松山 浮気調査プログラマなら知っておくべきの All rights reserved.